正義のセ6話のネタバレ感想!huluで第1話から最新話までイッキ見も

この記事は5分で読めます

正義のセ
前回第5は転落死した女性が事件か自殺か、贈収賄事件も絡み竹村凜々子(吉高由里子)大塚仁志(三浦翔平)と共同捜査することになりました。
事件は解決できたけど、凛々子は酔って大塚にキスしちゃいましたね。

今回6は、凛々子の親友・田代美咲(倉科カナ)が弁護士として登場。
被疑者を守るべき弁護士と、凛々子は戦う事になってしまうのか?

 

ドラマ『正義のセ』をイッキ見するならhulu
人気映画・ドラマ・アニメが見放題!
今なら2週間無料です!

 

ドラマ『正義のセ』第6話あらすじとネタバレ

竹村凜々子(吉高由里子)は友人の結婚式で、大学からの親友・田代美咲(倉科カナ)と久しぶりに会う。
凛々子は検事、美咲は弁護士の道を選び、「互いに弱きもののため、正義の味方になろう」と手を取り合った仲だった。

美咲と会話が盛り上がる中、ふと、凛々子は大塚仁志(三浦翔平)とキスをしたイメージが浮かんで驚く。
翌日事務官の相原勉(安田顕)に相談すると、酔っぱらってキスしてしまった事を教えられた。

どう大塚に謝ればいいのか判らない凛々子は、とにかくまずは仕事だと気持ちを切り替える。

今回はオレオレ詐欺を働いた大学生浅田謙人(岡山天音)を、事情聴取する事となる。
事件は未遂に終わっており、浅田は「サトウと言う男にアルバイトとして雇われただけだ、詐欺だなんて知らなかった」と主張する。

オレオレ詐欺は年々巧妙化し、お金を受け取る「受け子」は末端の人間で、指示役である上の人間まで逮捕に繋がらない場合もあった。
凛々子は、「浅田が本当に何も知らなかったのか突き詰めなくては」と考える。

そんな凛々子に、浅田の弁護士として美咲が訪ねてくる。

美咲は「浅田さんを釈放して頂きたい」と申し込みに来ていた。
あくまで浅田は騙された側で、今のうちに釈放されて普通の生活に戻すべきだと、美咲は主張する。

しかし、本当に浅田が何も知らずに詐欺に関わったのか、証明出来ていないため、凛々子は釈放を断った。
おかげで美咲と敵対関係になってしまう。

親友と気まずい雰囲気になり、凹む凛々子だったが、相原が浅田の所持品に興味を示したため、資料を一緒に確認する。

浅田は相当の鉄道ファンらしく、かなり価値のある鉄道グッズを持っていた。
学生の彼が簡単に持てるものではない。
凛々子は相原と、浅田の自室を調べに向かう。

浅田の自室は、鉄道マニアなら誰もが欲しがるお宝の山だった。
オレオレ詐欺に騙されて加担したのが数回だとしても、こんなにコレクションを手に出来ない。

凛々子は浅田の身辺をもっと深く調べようと、まず浅田が通っていた大学を訪ねた。

大学で浅田は、真面目に授業を取っているように見せかけて、他の学生に金を渡して代返させている事実を、凛々子は知る。

とてもごく普通の大学生には見えない浅田の正体を、凛々子は美咲に教えたいが、検事の捜査状況を弁護士に教える事は、法律で禁止されていた。

その日の夜、友人たちの飲み会に凛々子も美咲も参加していた。
浅田の本質を伝えたい凛々子だったが、捜査内容を伝える事は出来ないため、美咲に頭が固いと責められてしまう。

結局口げんかのようになってしまい、また落ち込む凛々子。

凛々子は家族に「美咲と凛々子は融通が利かないもの同士だからこそぶつかり合うが、似ているからこそ分かり合える」と諭される。

美咲は浅田に「まだ釈放されないのか」と急かされていた。
美咲は浅田から、浅田の証人となる友人・小林拓也(上杉柊平)の名前を聞きだす。

その頃凛々子は大学で、オレオレ詐欺で浅田が捕まった噂が広がっていることを知る。
噂の発生源であるSNSに、浅田とよくつるんでいると言う「小林」の名前を見つけ、凛々子は相原と大学へ向かった。

同じ頃、美咲は小林に、浅田の人物像を聞いていた。
「そんな事をするやつじゃない」と証言する小林。

しかし、美咲と別れた小林は、誰かと電話しながら「浅田は何もまずい事は喋っていないようです」と怪しげな会話していた。
それを聞いてしまった美咲は、小林の後をつける。

大学に到着した凛々子は、学生課の職員に「弁護士も同じ名前の学生を尋ねてきた」と聞き、美咲に電話する。

小林を尾行しながら美咲は、凛々子に「私間違っていたかもしれない。だけど見て見ぬふりは出来ない」と言って電話を切る。

電話から美咲のピンチを感じた凛々子は、相原と共に大学内を探し回る。

大学の使われていない建物に入り込んだ小林は、浅田と共にオレオレ詐欺に加担していた学生たちを集め、今後の対策について話し合っていた。
美咲はこっそり近寄り、その様子をケータイに録画する。

凛々子も何とか美咲が入った建物を発見し、急いで駆け込む。
そこで凛々子たちは、美咲のケータイを取り合う、美咲と小林に出くわした。
暴れようとする小林を、プロレスマニアの相原が押え込んでくれたお蔭で、事なきを得る。

後日、小林たちに全て事情を吐かせた凛々子は、浅田の聴取を取っていた。
詐欺グループの主犯も、警察にもうじき逮捕される事を知らせると、浅田は反省するより自分の人生が台無しになった事を嘆く。

凛々子は「貴方だって他人の大切な人生を台無しにしているんです」と叱りつけた。
やっと「すみませんでした」と頭を下げる浅田に、相原は「あなたの人生は終わりなんかじゃない、罪を償えば人はやり直せる」と伝えた。

そのために検事や弁護士がいるのだと教えてくれたのだ。

美咲は浅田の弁護を最後まで続けると言う。
「それが弁護士としての仕事だ」と、凛々子に微笑んで見せる。

「立場が違ってもずっと正義の味方でいようね」と二人は再び手を取り合った。

最後に凛々子は、大塚にキスのことを謝ろうとするが、「その事はもういい、二度と口にするな」と大塚に睨まれたのだった。

 

ドラマ『正義のセ』第6話の感想

女性同士の友情回でしたね。
相原さんは鉄道オタクだけではなく、プロレスオタクでもあったのか。
幅広いなぁ。

人のお金をまき上げといて、自分の将来ばかり気にする被疑者が、本当にムカついたので、バーンと叱ってくれた凛々子にスッとさせていただきました。
ひとを信じることの難しさも教えてくれるお話だったのかもしれませんね。
そこで友情が壊れることなく、再び手を取り合った凛々子と美咲が愛しかったです。

大塚さんはキスの件、本当にそれでいいのかな?

 

正義のセ6話のゲストキャスト

倉科カナ

本名:倉科カナ
生年月日:1987年12月23日
年齢:30歳(2018年5月現在)
出身地:熊本県熊本市南区
身長:158cm
血液型:O型
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
趣味:写経
代表作:ドラマ『奪い愛、冬』
役名:田代美咲(弁護士)

主人公の竹村凛々子(吉高由里子)の学生時代の親友として登場。
凛々子は検事、美咲は弁護士という正反対な立場で対峙することになります。

岡山天音

本名:岡山天音
生年月日:1994年6月17日
年齢:23歳(2018年5月現在)
出身地:東京都国立市
身長:175cm
血液型:O型
事務所:ユマニテ
趣味:絵を描くこと
代表作:朝ドラ『ひよっこ』
役名:浅田謙人(大学生)

オレオレ詐欺の受け子を演じる岡山天音さん。
20代前半の数少ないバイプレーヤーで、どっぷり役にハマり込んでます。

 

『正義のセ』第1話から最新話までイッキ見するなら『hulu』

ドラマ『正義のセ』は、放送後週間以内であれば、TVer公式サイトで視聴できますが、第1話からイッキ見したい場合は、huluです!

月額たったの933円(税込1,007円)で、『正義のセ』第1話から最新話までをイッキ見できるだけでなく、下記の連続ドラマもイッキ見できるんです!

【huluでイッキ見できるドラマ一覧】

  • 正義のセ
  • 〇〇な人の末路
  • ラブリラン
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
  • 崖っぷちホテル

この他にもhuluなら月額933円だけで、海外ドラマなどもイッキ見できるのでおすすめです!

 

ドラマ『正義のセ』をイッキ見するならhulu
人気映画・ドラマ・アニメが見放題!
今なら2週間無料です!

 

まとめ

6はオレオレ詐欺に簡単に参加してしまう、学生たちへの警鐘ともなった回でした。

次回第7は保育園での園児の怪我が、事故か過失かで凛々子が悩みます。真実の糸口は見つけられるのでしょうか。

 

ドラマ『正義のセ』をイッキ見するならhulu
人気映画・ドラマ・アニメが見放題!
今なら2週間無料です!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コンサート
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。