おんな城主直虎(大河ドラマ)主演に柴咲コウ!豪華キャストと相関図

この記事は9分で読めます

おんな城主直虎(大河ドラマ)主演に柴咲コウ!豪華キャストと相関図

おんな城主直虎(大河ドラマ)に出演するキャストが続々と発表されています。

主人公・井伊直虎役の柴咲コウさん以外にも、杉本哲太さんや財前直見さんといったベテラン役者が出演するほか、今をときめく若手俳優・菅田将暉さんの出演も決定し、大きな話題となっています。

ここでは、大河ドラマ『おんな城主直虎』のキャストや相関図はもちろん、柴咲コウさんと菅田将暉さんのコメントもご紹介します。

 


スポンサーリンク


 

おんな城主直虎(大河ドラマ)の登場人物とキャスト

大河ドラマ『おんな城主直虎』の登場人物とキャストをご紹介します。

井伊直虎(おとわ/次郎法師) 役:柴咲コウ

井伊直盛と千賀の間に誕生した唯一の子供。
幼少期に井伊直満の子供・亀之丞との婚約が成立するはずだったが、井伊直満の死去後に亀之丞が行方不明になったため、婚約話は破談となる。

以後、見合い話に乗る事はなく、龍潭寺に出向き出家
師である南渓和尚から「次郎法師」の名を授かる。

『バトルロワイヤル』や『黄泉がえり』など、2000年代前半の話題作に出演し、女優として大ブレイクを果たした柴咲コウさんは、歌手としても『月のしずく(RUI名義)』や『かたちあるもの』などの楽曲で大ヒットを記録。マルチな才能を発揮しています。

大河ドラマへの出演はもちろん、NHKのドラマへの出演も初めて。
これまでに数多くのドラマに出演していますから、NHKのドラマに出演した事がなかったのは意外ですよね。

柴咲コウさんは芯の強い女性というイメージが強いですから、混迷の時代をたくましく生き抜いた井伊直虎役にはピッタリだと思います。

 

井伊直盛 役:杉本哲太

井伊家の当主で、井伊直虎の父親
殺ばつとした時代に生きながらも、暖かな心を持っている。

井伊家をコントロールしている今川家への対応に四苦八苦しながらも、井伊家をリードしている。
趣味は生け花。

善人から悪人まで、幅広いキャラクターを見事に演じ切るベテラン俳優の杉本哲太さん。
2010年の『龍馬伝』に続き、6作目の大河ドラマ出演になります。

 

千賀 役:財前直見

井伊直虎の母親で、井伊直盛の妻。
今川家の家来である新野左馬介の妹で、井伊家と今川家の信頼関係を保つため、井伊家に嫁いだ。

井伊家の後継者となる男子を産めなかった事を後悔しているものの、持ち前のタフな心で井伊家を盛り立てる。

良き母として井伊直虎の活躍を下支えする千賀役には財前直見さんが起用されます。
心優しいお母さん、というキャラクターは財前直見さんのイメージにピッタリですよね。

2005年の『義経』で北条政子役を演じて以来、3作目の大河ドラマ出演です。

 

井伊直平 役:前田吟

井伊家の先々代の当主
井伊直虎のひいおじいさんにあたる。

今川家と戦った経験を持つ事から、今川家の支配下となった今でも今川家に対して強い敵対心を持っている。

『渡る世間は鬼ばかり』や『マッサン』などの人気ドラマに数多く出演している前田吟さん。
現代劇だけではなく、時代劇でも大活躍しているベテラン俳優です。

大河ドラマの出演は、2006年の『功名が辻』以来、5作目になります。

 

南渓和尚 役:小林薫

井伊家先祖代々の墓がある龍潭寺の住職
井伊直虎の大叔父にあたり、出家後の師匠でもある。

行き当たりばったりの性格だが、井伊家の軍師としても活躍している。

『Dr.コトー診療所』や『カーネーション』といった名作ドラマに出演しているだけではなく、ドキュメンタリー番組『美の巨人たち』ではナレーターとしても活躍している小林薫さん。

1985年の『春の波涛』以来、32年ぶりに大河ドラマへの出演が決まりました。

 

井伊直親(亀之丞)役:三浦春馬

井伊直満の子供
井伊直虎との婚約が運命づけられていたが、今川家に反抗した井伊直満の死により、井伊家を追い出されてしまう

13歳で出演した2003年の『武蔵 MUSASHI』が大河ドラマデビューとなった三浦春馬さん。
『おんな城主直虎』が3作目の大河ドラマ出演となります。

映画『進撃の巨人』で主人公のエレン役を好演したほか、シリアスなストーリーが話題となった『わたしを離さないで』にも土井友彦役で出演しています。

 

小野政次 役:高橋一生

井伊家の筆頭家老を務める小野政直の長男
井伊直虎井伊直親とは幼なじみの関係。

井伊家の不協和音に悩む父・小野政直の姿を気の毒に思っている。

2015年のドラマ『民王』で大ブレイクを果たした高橋一生さん。
2014年の『軍師官兵衛』以来、5作目の大河ドラマ出演となります。

V6の岡田准一さんとは、堀越高校時代の同級生、という間柄です。

 

龍雲丸 役:柳楽優弥

幼少期に両親を戦乱で失い、放浪の旅を送っていたが、後に自分と同じ立場の孤児たちと共に盗賊団を結成し、戦乱の世を力強く生き続けている。

井伊家の故郷である井伊谷の山林に忍び込んだところで捕縛された事がきっかけになり、井伊直虎と知り合う。

カンヌ国際映画祭の男優賞(『誰も知らない』)を14歳で受賞し、天才子役として全国区の人気を集めた柳楽優弥さんが、俳優として一回り成長して大河ドラマに初出演します。

 

しの 役:貫地谷しほり

井伊家の中でもトップクラスの位が与えられている奥山朝利の娘
井伊直親の妻となるが、後継ぎとなる子供が誕生しないため、焦りを隠せないでいる。

夫・井伊直親の元婚約者だった井伊直虎の存在をうとましく思っている。

2014年のブルーリボン賞で主演女優賞を獲得するなど、若手女優の中でも屈指の演技派として知られている貫地谷しほりさん。

2013年の『八重の桜』以来、4年ぶり4作目の大河ドラマ出演となります。

 

瀬戸方久 役:ムロツヨシ

一銭もないところから成り上がった腕利きの商人
利益を得るためなら手段を問わない人物。

NHKの人気コント番組『LIFE~人生に捧げるコント~』に出演中のムロツヨシさん。
『LIFE~人生に捧げるコント~』の印象から「芸人なのでは?」という噂が出ていますが、数多くの映画やドラマ・舞台に出演している名優です。

大河ドラマへの出演は、2012年の『平清盛』以来、5年ぶり2回目になります。

 

井伊直満 役:宇梶剛士

井伊直親の父親で、井伊直盛の叔父にあたる人物。
井伊直親と井伊直虎の結婚をきっかけにして今川家への下剋上を果たそうとするのだが…。

ワンダーコアのテレビCMで腹筋している姿が話題になっている宇梶剛士さん。
男らしい真っ直ぐなキャラクターから個性的なキャラクターまで、あらゆるキャラクターを見事に演じ切っています。

2014年の『軍師官兵衛』以来、5作目の大河ドラマ出演となります。

 

小野政直 役:吹越満

小野政次の父親で、井伊家の筆頭家老と務めている。
生まれは京都の貴族。

今川家との関係を良好にする事を最優先に考え、井伊家から大きな反発を受ける。

『警視庁捜査一課9係』で破天荒キャラの青柳靖役を演じている事でおなじみの吹越満さん。
井伊家との対立の場面では強烈な印象を残してくれる事でしょう。

大河ドラマへの出演は、2014年の『軍師官兵衛』以来、3作目になります。

 

新野左馬介 役:苅谷俊介

井伊直虎の母親・千賀の兄
千賀が井伊家に嫁いだ事がきっかけになって、今川家の家来となる。

井伊家に馴染んでいくにつれて、井伊家の立場に同情するようになる。

2011年の『江~姫たちの戦国~』以来、5作目の大河ドラマ出演となる苅谷俊介さん。
主を懸命にサポートするキャラクターを見事に演じ切っています。

『太陽にほえろ!』や『西部警察』といった石原プロの名作ドラマに出演していたほか、日本考古学協会の会員を務めていて、考古学者としての一面も持っています。

 

奥山朝利 役:でんでん

しのの父親で、井伊家で強い力を持つ家臣

しのを井伊家に嫁がせ、もう1人の子供を小野家に嫁がせた事が評価されて、井伊家内で確固たる地位を獲得した。

1995年の『八代将軍吉宗』以来、22年ぶりに大河ドラマに帰って来るでんでんさん。

『冷たい熱帯魚』で日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞を受賞。
人情ものの作品やシリアスなサスペンス作品など、あらゆるジャンルの作品に数多く出演しているベテラン俳優です。

 

中野直由 役:筧利夫

井伊家の血筋がある事に強いこだわりを持ち、井伊家内で発言力の強い家臣
小野家に対して強い敵対心を持っている。

『踊る大捜査線』ではエリートの管理官・新城賢太郎役でキリッとして一面を見せ、『Dr.コトー診療所』では人情味あふれる村役場職員・和田一範役を好演するなど、役の幅広さに定評がある筧利夫さん。

2010年の『龍馬伝』以来、7年ぶり3作目の大河ドラマ出演になります。

 

今川義元 役:春風亭昇太

弓の名人としても知られている戦国大名
圧倒的な軍事力を武器にして、財力のある井伊家を今川家に取り込んだ。

軍事力だけではなく、国の経営力も優れている知将

『笑点』の6代目司会者に起用された事が大きな話題となった春風亭昇太さん。
落語家としてはもちろん、ラジオのパーソナリティーとしても大活躍しています。

大河ドラマへの出演は、2015年の『花燃ゆ』以来、3作目になります。

 

今川氏真 役:尾上松也

今川義元の後継者として大きな期待がかけられている長男。
蹴鞠(けまり)の名人としても知られている。

今川家の勢力拡大のため、北条氏康の娘と結婚する。

元AKB48の前田敦子さんとの交際が話題になった尾上松也さん。
歌舞伎界期待のプリンスが名家・今川家のプリンス役に挑戦します。

2009年の『天地人』以来、8年ぶり4作目の大河ドラマ出演です。

 

寿桂尼 役:浅丘ルリ子

今川義元の母親
今川義元らと共に今川家を繁栄させている実力者で、周囲からは「女戦国大名」と呼ばれている。

1977年の『花神』以来、40年ぶりに大河ドラマへの出演が決まった、大御所の浅丘ルリ子さん。

寿桂尼というキャラクターは、主人公・井伊直虎の将来を左右する重要な役どころになりますので、実績豊富な浅丘ルリ子さんの演技に注目です。

 

徳川家康(竹千代) 役:阿部サダヲ

少年期までは今川家の人質だったが、桶狭間の戦い後に今川義元が死亡したため、今川家からの独立を心に決める。

独立後、井伊直政を自身の家来に招く

2012年の『平清盛』以来、5年ぶり2作目の大河ドラマ出演となる阿部サダヲさん。

阿部サダヲさんは徳川家康の13歳時代も演じる事になっています。
少年時代の徳川家康をどのように演じてくれるのでしょうか。

 

築山殿(瀬名) 役:菜々緒

今川義元の後継者だった今川氏真との結婚を考えていたのだが、徳川家康との結婚を命令される。
井伊直虎の良き理解者として混迷を極める時代を生き抜く。

『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』での悪女っぷりが大きな話題となった菜々緒さん。
見事にファッションモデルから女優への転身を成功させています。

『おんな城主直虎』が大河ドラマ初出演になります。

 

井伊直政(虎松) 役:菅田将暉

井伊直親の長男
井伊直親が死亡してからは、後見人に指名されていた井伊直虎のもとで育つ

「井伊の赤鬼」として恐れられる部隊・井伊の赤備えを組織し、徳川家康の天下取りに大きく貢献
本多忠勝、榊原康政、酒井忠次と共に「徳川四天王」の1人に数えられている猛将。

2016年だけで9本の映画に出演する事が決まっている、今年最大の売れっ子俳優・菅田将暉さんが初の大河ドラマ出演を決めました。

将来的には大河ドラマの主人公を演じても不思議ではない若手俳優ですから、初の大河ドラマであっても素晴らしい演技を見せてくれる事でしょう。

 

傑山 役:市原隼人

龍潭寺の僧
出家後の井伊直虎の兄弟子

武術に定評があり、城主となった井伊直虎の護衛として大活躍する。

『WATER BOYS2』や『ROOKIES』などで演じた熱血キャラクターが定着している市原隼人さんですが、『不機嫌な果実』ではこれまでの作品では見せなかった大人の演技を見せてくれました。

初の大河ドラマでもインパクトのある演技を見せてくれると思います。

 

小野玄蕃 役:井上芳雄

小野政直の次男で、小野政次の弟
小野政次からの信頼が厚い。

明るい性格である事から、小野家と対立している井伊家からも好感を持たれている。

歌手・知念里奈さんとの結婚を発表したばかりの井上芳雄さん。
「ミュージカル界のプリンス」として、ミュージカルを中心に大活躍しています。

結婚で話題をさらった井上芳雄さんですが、今度は『おんな城主直虎』での演技で世間をにぎわせてくれる事でしょう。

 

佐名 役:花總まり

井伊直平の娘で、築山殿の母親
今川家の人質だった過去を持っていて、井伊家に対してとある悩みを抱えている。

宝塚歌劇団の雪組・宙組の娘役トップスターとして大活躍していた花總まり(はなふさ まり)さん。

これまではミュージカルなどの舞台やテレビCMを中心に活躍していたのですが、『おんな城主直虎』で待望のドラマデビューを果たします。

 

高瀬 役:高橋ひかる

信濃から井伊谷へとやってきた美しい少女
井伊直親の隠し子と自称しているのだが、正体は不明

2014年の国民的美少女コンテストでグランプリを獲得している高橋ひかるさん。

2016年1月に公開された映画『人生の約束』で女優デビューを果たしていて、『おんな城主直虎』がドラマデビューとなります。

初のドラマ出演が大河ドラマというだけで周囲からの期待が高い事が分かりますよね。

 

松下常慶 役:和田正人

秋葉山で修行しながら札売りをしている青年
様々な国を渡り歩いている事から情報屋としても活躍する。

日本大学時代には箱根駅伝に出場した経験を持っていて、異色の俳優として話題となった和田正人さんが初めて大河ドラマに出演します。

朝ドラ『ごちそうさん』やドラマ『スペシャリスト』などの注目作に次々登場し、演技力を向上させていっています。

 

昊天 役:小松和重

龍潭寺の僧井伊直虎の先生役を務めている。
龍潭寺きっての知性派で、南渓和尚の側近として活躍する。

徳川家康役の阿部サダヲと同じ劇団・大人計画に所属している小松和重さん。
大河ドラマへの出演は初めてです。

2016年には『ダメな私に恋してください』『ゆとりですがなにか』『トットてれび』といった話題性抜群のドラマに出演しています。

 

ナレーション :中村梅雀

『おんな城主直虎』で11作目の大河ドラマ出演となる中村梅雀さん。
今回はドラマで演じるのではなく、ナレーションとして大河ドラマに参加します。

『真田丸』ではNHK・有働由美子アナウンサーのナレーションが話題になっているように、最近はナレーションの出来が大河ドラマの視聴率を左右するといっても過言ではないくらいですから、中村梅雀さんのナレーションにもぜひご注目ください。

 


スポンサーリンク


 

おんな城主直虎(大河ドラマ)相関図

大河ドラマ『おんな城主直虎』の相関図は公開されましたら、記載いたします。

 

おんな城主直虎(大河ドラマ)出演キャストのコメント

大河ドラマ『おんな城主直虎』の出演キャストのコメントをご紹介します。

井伊直虎 役:柴咲コウ

初めてお会いする方もいらっしゃいますが、今まで共演したことのある女優さん、俳優さんもいらっしゃいますし、心強さを感じております。この心強さを糧に作品を実直につくっていければと思います

出典:ORICON STYLE
URL:http://www.oricon.co.jp/news/2072280/full/

井伊直盛役の杉本哲太さんなど、日本を代表する役者陣が柴咲コウさんの脇を固める事になります。

柴咲コウさんには、これまでの作品とは比較にならないくらいのプレッシャーを感じる事になるでしょうが、豪華すぎる役者の皆さんと共演できる事の幸せをかみしめながら、懸命に井伊直虎役を演じてくれる事でしょう。

 

心配なのは、私は腰巾着のようなやつでして。みなさんの雰囲気を観て一言しゃべりたかったのですが、今回ばかりはそれが叶わないのでなんとか奮起して頑張りたい

出典:ORICON STYLE
URL:http://www.oricon.co.jp/news/2072280/full/

自分の事を腰巾着と表現しているあたり、柴咲コウさんは引っ込み思案な性格なのかもしれませんね。

これまでの作品では強い女性の役を見事に演じていましたので意外な感じもしますけど、脇を固める役者の皆さんも柴咲コウさんに全幅の信頼を置いているはずですから、思い切って演技してほしいです。

 

井伊直政 役:菅田将暉

日本で俳優をやっていく中で大河ドラマは大きな目標でしたので、すごくうれしいです

出典:ORICON STYLE
URL:http://www.oricon.co.jp/news/2074950/full/

2016年に大ブレイクを果たした菅田将暉さんがついに大河ドラマに登場します。

映画やドラマへの出演を重ねるにつれて、俳優としての評価がグングン上がっていっていますから、『おんな城主直虎』でも若手俳優ナンバーワンの演技力を見せてくれるのではないでしょうか。

 

初めての時代劇、それも徳川四天王の中で一番若い直政をやらせていただくことになり、やさしい先輩方に甘えながらもキレキレでかっこいい直政を演じられたら

出典:ORICON STYLE
URL:http://www.oricon.co.jp/news/2074950/full/

菅田将暉さんが演じる井伊直政は、徳川四天王に数えられるくらいの強い武将です。
ドラマの中にアクションシーンが組み込まれる事が予想されますから、菅田将暉さんがどんなアクションシーンを見せてくれるのかがとても楽しみです。

『おんな城主直虎』菅田将暉さんが見せるカッコいいアクションに惚れ込んでしまうファンが続出するのは間違いないでしょうね。

 

大河ドラマ『おんな城主直虎』のキャストや相関図のほか、柴咲コウさんと菅田将暉さんのコメントなど気になる情報をご紹介しました。

大河ドラマ56作目となる『おんな城主直虎』ですが、過去の大河ドラマでは最強クラスのキャストが勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ディストラクションベイビーズ
  2. ファジョン華政(ドラマ)に大谷亮平出演!あらすじネタバレとキャスト相関図
  3. 新牡丹と薔薇(昼ドラマ)第25話のあらすじやネタバレと相関図
  4. セシルのもくろみ(ドラマ)あらすじネタバレやキャスト相関図!最終回結末と視聴率
  5. あいの結婚相談所(ドラマ)あらすじネタバレやキャスト!山崎育三郎がドラマ初主演!エキストラも大募集!
  6. 恋のスケッチ~応答せよ1988~(ドラマ)原作あらすじとネタバレ感想!パクボゴムの前髪ぱっつんが話題
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。