ルビーの指輪(韓国ドラマ)あらすじネタバレとキャスト!最終回結末や感想

この記事は7分で読めます

ルビーの指輪(韓国ドラマ)
『ルビーの指輪』2017年10月2日からBSトゥエルビで放送される事が決まった注目の韓国ドラマ!

2013年に韓国で放送された『ルビーの指輪』は最高視聴率24.6というとんでもない数字を叩き出した作品で、交通事故がきっかけで顔が入れ替わり、運命も入れ替わってしまった双子が織り成す復讐ドラマとなっています。

ここでは、韓国ドラマ『ルビーの指輪』のあらすじやネタバレ感想、キャスト、見どころ、最終回結末をご紹介しながら、作品の魅力に迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)原作・あらすじ

韓国ドラマ『ルビーの指輪』原作あらすじをご紹介します。

チョン・ルビー(イ・ソヨン)はソウル市内にある有名大学出身のエリートで、大学卒業後はJMグループに入社し、春川支社のマーケティング部で活躍しています。

とある日、チョン・ルビーの元カレであるペ・ギョンミン(キム・ソックン)5年ぶりに韓国へと帰ってきます

ペ・ギョンミンは5年前に海外留学していたのですが、海外に渡る前にチョン・ルビーと破局していて、失意の5年間を異国の地で過ごしていたのでした。

別れてから5年経ってもチョン・ルビーの事を忘れられなかったペ・ギョンミン。
チョン・ルビーにもう一度振り向いてもらうため、チョン・ルビーと同じ会社に勤務する事になるのですが、チョン・ルビーの気持ちが余計に混乱してしまい…。

一方、チョン・ルビーの双子の妹であるチョン・ルナ(イム・ジョンウン)は、地元ケーブルテレビ局のリポーターとして目覚ましい活躍を見せていました。

チョン・ルナは仕事だけでなく、ケーブルテレビ局の優秀なディレクターであるナ・インス(パク・クァンヒョン)と交際するなど、プライベート面も充実していました。

しかし、穏やかでピュアな双子の姉のチョン・ルビーとは異なり、強情な性格のチョン・ルナはとんでもない思惑を抱いていて…

性格が180度違う双子の姉妹が中心となる、刺激的で強烈なストーリーが展開される新感覚の復讐ドラマです。

 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)ネタバレ・感想

韓国ドラマ『ルビーの指輪』ネタバレ感想をご紹介します。

ここでは、『ルビーの指輪』のストーリーが大きく動き出すきっかけになった、チョン姉妹の交通事故の場面をネタバレしていきます。

双子の姉で穏やかな性格のチョン・ルビーと、双子の妹で強情な性格のチョン・ルナは、一緒に自動車に乗っていたのですが、大きな交通事故に遭い、手術を受ける事になります

そこで、強情な性格で姉に嫉妬していたチョン・ルナが驚きの行動に出ます
なんと、姉の顔と自分の顔を手術で入れ替える事を決意し、チョン・ルナは自身の運命を強引に変える事にしたのです。

交通事故に遭っただけでなく、信じていた妹にとんでもない形で裏切られたチョン・ルビー。これまでに築いてきた幸せな日々が、妹の非情な裏切りによって一気に崩れてしまいました。

 

以上が、チョン姉妹が交通事故に遭った場面のネタバレになります。

妹のチョン・ルナは、日頃から姉のチョン・ルビーに強い嫉妬心を抱いていたのですが、お互いの顔を交換する事で強引にチョン・ルビーの幸せを奪う、という驚き仰天の行動に出てしまいます。

韓国の復讐ドラマには、日常生活ではあり得ないような行動をする悪女が度々登場しますけど、『ルビーの指輪』のチョン・ルナは過去最大級の悪女になるのでは?と私は考えています。

双子姉妹の顔を入れ替える、という禁じ手を使ったチョン・ルナ、そして、妹に最悪な形で裏切られたチョン・ルビー、それぞれがどんな未来を生きる事になるのでしょうか。

1話たりとも見逃せない緊迫感のあるドラマに仕上がっていますので、どうぞご期待ください。

 


スポンサーリンク


 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)見どころ

韓国ドラマ『ルビーの指輪』見どころをチェックしていきましょう。

『ルビーの指輪』の最大の見どころは、対照的な性格の双子姉妹を演じる、チョン・ルビー役のイ・ソヨンさんと、チョン・ルナ役のイム・ジョンウンさんの演技です。

性格が全く違う双子を演じるのはそこまで難しい事ではないかもしれませんが、チョン・ルビーとチョン・ルナは作中で顔が入れ替わる、という衝撃的な形でストーリーが展開されます。

顔が入れ替わる、といっても演じている女優さんの顔を入れ替えるわけにはいきませんから、チョン姉妹の顔が入れ替わってからは、互いの女優さんが一人二役となり、場面に応じて異なる性格の姉妹を演じ分ける事になります。

韓国での本放送時もイ・ソヨンさんとイム・ジョンウンさんが巧みに一人二役を演じ分けた事が大きな話題になっていましたので、異なる性格の姉妹をその都度演じ分けているイ・ソヨンさんとイム・ジョンウンさんの演技にどうぞご注目ください。

 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)最終回結末

韓国ドラマ『ルビーの指輪』最終回結末をご紹介します。

双子の姉と顔を入れ替える、という禁じ手を使ってしまったチョン・ルナでしたが、そんな彼女に幸せが訪れるはずはなく、精神が急激に不安定になり、最終回ではついに精神科の病院に入院する事になりました。

チョン・ルナを見舞う人もほとんどいない中、たった1人だけチョン・ルナの事を気遣う人物が現れます。

その人物はチョン・ルナのかつての恋人だったナ・インス

ナ・インスは、チョン・ルナから酷い仕打ちを受けていながら、チョン・ルナの事を想い続けていて、チョン・ルナと運命を共にする事を心に誓います

一方、チョン・ルナの非情な裏切りに遭った姉のチョン・ルビーは、精神が崩壊した妹のチョン・ルナの事を許し、家族や会社仲間に恵まれる幸せな日々を送るのでした。

 

以上が『ルビーの指輪』の最終回結末の内容となります。

『ルビーの指輪』は復讐ドラマですけど、最終回では悲劇の主人公チョン・ルビーが自分の事を裏切ったチョン・ルナの事を許す、という聖母のような心の広い対応を見せ、ハッピーエンドの形で結末を迎えました。

チョン・ルビーがチョン・ルナをとことん懲らしめる、という展開になっても不思議ないのですが、チョン・ルビーの性格の良さが際立つ最終回になっていますので、視聴者にとっても心地良い形で結末を見守る事ができるのでは?と考えています。

 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『ルビーの指輪』キャスト・出演者をご紹介します。

チョン・ルビー 役:イ・ソヨン


JMグループ・春川支社マーケティング部に入社した、高学歴のハイスペック美女。
チョン・ルナの双子の姉にあたる。

「ルビー」という名前の通り、心が澄み切っていて、汚れた部分が一切ない、というピュアな性格の持ち主。

『トンイ』や『Dr.JIN』『春のワルツ』など、韓国国内で絶大な人気を誇った名作ドラマで印象的な演技を披露している名女優のイ・ソヨンさんが悲劇的な運命をたどる事になる主人公チョン・ルビー役を演じています。

 

チョン・ルナ 役:イム・ジョンウン


チョン・ルビーの双子の妹。
春川にあるケーブルテレビ局でリポーターを務めている。

穏やかな性格の姉とは違い、嫉妬心にまみれ、強情すぎる性格の持ち主。
姉といつも比較されていた事がトラウマになり、チョン・ルビーに対し強い嫉妬を覚えている。

『赤道の男』で演じたチェ・スミ役でブレイクを果たしたイム・ジョンウンさんが、姉と激しい復讐劇を繰り広げる事になる悪女のチョン・ルナ役を演じています。

 

ペ・ギョンミン 役:キム・ソックン


チョン・ルビーと大学時代に交際していた人物。
海外へと留学していたものの、かつての恋人のチョン・ルビーの事を忘れられず、韓国へと戻り、JMグループ・春川支社の本部長に就任する。

チョン・ルビー役のイ・ソヨンさんとともに、KBS演技大賞の連続ドラマ部門で優秀演技賞を獲得したキム・ソックンさんがペ・ギョンミン役を演じています。

 

ナ・インス 役:パク・クァンヒョン


田舎町生まれながら、ソウル市内の有名大学に合格した苦労人。
春川のケーブルテレビ局の同僚だったチョン・ルナと知り合い、後に交際するようになる。

40%超の高視聴率をマークした『あんぱん』でアン・ナムジュン役を演じて以降、俳優としてブレイクを果たし、ソロアーティストとして日本で歌手デビューを果たしているパク・クァンヒョンさんがナ・インス役を演じています。

 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)登場人物・相関図

韓国ドラマ『ルビーの指輪』の登場人物・相関図をご紹介します。
ルビーの指輪(韓国ドラマ)登場人物・相関図

 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)ネット上の反応

韓国ドラマ『ルビーの指輪』に対するネット上の反応をまとめます。

 

 

 

 

韓国で高い支持を集めた復讐ドラマという事もあって、韓国ドラマならではのドロドロな復讐劇に期待している韓流ドラマファンが多くなっているようですね。

『ルビーの指輪』は近年の韓国ドラマの中でもデキの良い復讐劇として有名ですから、まだ韓国の復讐ドラマを見た事がない、という方にとってはうってつけの作品になるのではないしょうか。

 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)視聴率予想!

韓国ドラマ『ルビーの指輪』平均視聴率を予想していきましょう。

2013年に韓国で本放送が行われた『ルビーの指輪』は、2013年のイルイルドラマ(平日に毎日放送されるドラマの事)の中で最高となる視聴率24.6%をマーク!

韓国で高い視聴率を叩き出した作品ですから、日本でどの程度の視聴率を残すのか、というところを気にしている方も多いかと思います。

でも、日本では視聴者が限定されるBSトゥエルビでの放送となりますので、韓国での本放送並みの視聴率を記録するのは難しく、平均で0.5%程度の視聴率になるのでは?と予想しています。

 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)視聴方法

韓国ドラマ『ルビーの指輪』視聴方法をご紹介します。

『ルビーの指輪』はBSの12チャンネル(BSトゥエルビ)にて放送されます。

BSトゥエルビを含むBSの番組は、BSアンテナを設置する事で視聴可能となりますので、まだBSアンテナを設置していない、という皆さんは地元のケーブルテレビ局等にご相談の上、BSアンテナ設置に関する手続きを進めてください。

また、マンションやアパートといった集合住宅にお住いの皆さんは、集合住宅の共同アンテナを利用してBSの番組を視聴できるケースがありますので、大家さんや管理会社に問い合わせする事をおすすめします。

 

ルビーの指輪(韓国ドラマ)基本情報


ルビーの指輪
2017年10月2日(月)スタート(全62回)
BSトゥエルビ 毎週月曜日~金曜日 午後4時~午後5時

脚本 :ファン・スニョン(ドラマ『偉大なる糟糠の妻』『カッコウの巣』)
演出 :チョン・サン(ドラマ『若者のひなた』)

脚本担当のファン・スニョンさんは、ドロドロの愛憎復讐劇に数多く出演している事から「復讐劇の女王」と呼ばれているチョン・ソヒさんが主演した『カッコウの巣』を手掛けた実績を持っています。

一方、演出担当のチョン・サンさんは、若き日のペ・ヨンジュンさんが出演していた1995年放送の青春ドラマで最高視聴率58という驚異的な数字を叩き出した『若者のひなた』を手掛けています。

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 僕たちがやりました(ドラマ)原作あらすじと感想!キャストや最終回結末予想!
  2. 偽りの雫
  3. 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第10話(最終話)あらすじ(ネタバレ)と感想
  4. ホクサイと飯さえあれば(ドラマ)あらすじとキャスト!主演は上白石萌音
  5. プリズンホテル(ドラマ)原作あらすじとネタバレ感想!ココリコ田中が浅田次郎作品で支配人を務めるコメディストーリー
  6. 銀と金(実写ドラマ)あらすじネタバレ!主演池松壮亮とキャスト
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧