フィギュアスケートカナダ大会2018女子!速報結果と滑走順や代表選手!

この記事は5分で読めます

フィギュアスケートカナダ大会
樋口新葉選手・松田悠良選手・山下真瑚選手という3名の日本人選手がエントリーしているフィギュアスケートグランプリシリーズ2018カナダ大会女子を大特集!

世界選手権・グランプリファイナルを制した経験を持ち、平昌五輪でも銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)に対し、3名の日本人選手がどんな戦いを見せるのか、というところが大きな注目点!

ここでは、フィギュアスケートグランプリシリーズ2018の第2戦にあたるカナダ大会女子の出場選手(アサイン)や速報結果順位予想滑走順などの情報を徹底的に掘り下げていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

試合日程や放送日|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 女子ショート

【フィギュアグランプリシリーズカナダ大会2018 女子SPの試合日程と放送日】

地上波での放送予定は以下の通りです。

放送日時:<SP>2018年10月27日(土)午後6時56分~
<FS>2018年10月28日(日)午後9時25分~
放送局 :テレビ朝日系列※録画放送

フィギュアグランプリシリーズカナダ大会女子SP・FSの模様は、BS朝日でも録画放送される事が決定!

 

【BS朝日】

<SP>2018年10月28日(日)午後1時~
<FS>2018年10月28日(日)午後5時~
<エキシビション>2018年10月28日(日)午後9時~

無料で視聴できるインターネットテレビ・AbemaTVやCS・テレ朝チャンネルでも放送される可能性があります。

詳しい放送情報は各テレビ局の公式サイトでご確認ください。

 


スポンサーリンク


 

滑走順|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 女子ショート

【フィギュアGPカナダ大会2018女子SPの出場予定選手(アサイン)】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

樋口新葉(日本)

松田悠良(日本)
松田悠良(日本)
山下真瑚(日本)
山下真瑚(日本)
エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)
エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)
エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
ヴェロニク・マレ(カナダ)
ヴェロニク・マレ(カナダ)
アリシア・ピノー(カナダ)
アリシア・ピノー(カナダ)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
スター・アンドリュース(アメリカ)
スター・アンドリュース(アメリカ)
マライア・ベル(アメリカ)
マライア・ベル(アメリカ)
以上、12の出場となります。
※ケガなどで大会直前に出場を見合わせるケースがあります

 


スポンサーリンク


 

速報結果|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 女子ショート

【フィギュアGPカナダ大会2018女子SPの速報結果】
フィギュアスケートカナダ大会女子ショートSPとフリースケーティングFSの速報結果です。

順位 名前(国) SP FS 合計
1 エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS) 74.22 (1) 129.10 (3) 203.32
2 山下 真瑚(JPN) 66.30 (3) 136.76 (2) 203.06
3 エフゲニア・メドベージェワ(RUS) 60.83 (7) 137.08 (1) 197.91
4 マライア・ベル(USA) 63.35 (5) 126.90 (4) 190.25
5 エリザベート・トゥルシンバエワ(KAZ) 61.19 (6) 124.52 (5) 185.71
6 樋口 新葉(JPN) 66.51 (2) 114.78 (7) 181.29
7 スター・アンドリューズ(USA) 64.77 (4) 109.95 (9) 174.72
8 アレイン・チャートランド(CAN) 60.47 (8) 111.70 (8) 172.17
9 ダリア・パネンコワ(RUS) 51.41 (11) 117.13 (6) 168.54
10 アリシア・パインオー(CAN) 59.02 (9) 99.27 (11) 158.29
11 松田 悠良(JPN) 53.35 (10) 104.24 (10) 157.59

 

予想|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 女子ショート

【フィギュアGPカナダ大会2018女子SPの感想】

最後に、グランプリファイナル2018の勝負の行方を大きく左右するフィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦・カナダ大会女子の優勝予想と日本人選手の展望をお届けします。

平昌五輪7位入賞のチェ・ダビン選手(韓国)など、3名の有力選手が10月12日に出場見合わせを発表する、という異例の展開を見せているフィギュアスケートグランプリシリーズ2018カナダ大会女子。

そんな中、優勝候補の大本命として取り上げるのは、2015年・2016年のグランプリファイナルを連覇しているエフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)

今シーズン初戦のオータムクラシックで2位(204.89点)に敗れているものの、今回のメンバーの中では実績が抜きん出ていますから、大きなミスさえしなければ、順当に勝ち切ってくれるのではないでしょうか。

エフゲニア・メドベージェワ選手は、幼い頃から出身国のロシアを活動拠点にしていたのですが、2018年5月に活動拠点をカナダに移す事を公表。

羽生結弦選手やハビエル・フェルナンデス選手など、世界のトップスケーターを育て上げたブライアン・オーサーさんをコーチに迎え、世界女王奪還へ向けての態勢を整えているエフゲニア・メドベージェワ選手の演技に注目です。

 

エフゲニア・メドベージェワ選手に続く2位・3位争いを繰り広げるのが、エリザベータ・トゥクタミシェワ選手(ロシア)エリザヴェート・トゥルシンバエワ選手(カザフスタン)

特に、エリザベータ・トゥクタミシェワ選手は、今シーズン初戦のロンバルディア杯で優勝(206.07点)し、好調子を保った状態でカナダに乗り込んでいますので、ロシア勢のワンツーフィニッシュ濃厚とみています。

宮原知子選手と同程度の実力を持つ樋口新葉選手(日本)は、2位争いの中に入って欲しいところですが、右足の甲を痛めた影響で調子を落としている点が気掛かり…

右足首を負傷した松田悠良選手(日本)も、今シーズン初戦のオータムクラシックで9位(143.02点)に大敗し、シニアの壁にぶつかっている状況ですので、表彰台争いに加わるのは難しそう…

 

一方、宇野昌磨選手や松田悠良選手を指導している山田満知子コーチの元で着実に成長してきた山下真瑚選手(日本)は、参考記録ながら、優勝した中部選手権で201.10点という高得点をマーク!

ロンバルディア杯では平昌五輪日本代表・坂本花織選手(4位)を上回る3位(182.22点)に食い込むなど、一戦ごとに力をつけている印象がありますので、他の選手のデキ次第では表彰台に上がる可能性も十分あると思います。

 

2018年10月27日(土)と28日(日)に地上波のテレビ朝日系列で録画放送されるほか、BS朝日での録画放送も決定したフィギュアスケートグランプリシリーズ2018カナダ大会女子

生まれ故郷のロシアを離れ、名コーチのブライアン・オーサーの元で活動する、という一世一代の大勝負に出たエフゲニア・メドベージェワ選手が優勝候補の大本命!

ケガ持ちの樋口新葉選手と松田悠良選手は厳しい戦いが予想されますけど、シニアに転向したばかりの新鋭・山下真瑚選手は好調をキープ!

充実期にさしかかっている山下真瑚千数が、元世界女王のエフゲニア・メドベージェワ選手にどこまで迫れるのか、というところにもどうぞご注目ください!
 

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フィギュアスケートフランス大会2018男子
  2. 高校野球・U18
  3. フィギュアスケートフィンランド大会男子2018
  4. かすみがうらマラソン2017 の倍率や抽選結果!駐車場と交通規制
  5. スキージャンプアイキャッチ
  6. ハーフパイプ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。