グランプリシリーズアメリカ大会2019女子の結果速報!滑走順や放送日程も

この記事は3分で読めます

グランプリシリーズアメリカ大会2019女子(2019年10月19日・20日)に、昨シーズンの全日本フィギュアを見事優勝した坂本花織選手がエントリー!

公式戦で4回転ジャンプを成功させているアンナ・シェルバコワ選手(ロシア)&エリザヴェート・トゥルシンバエワ選手(カザフスタン)と日本勢の直接対決が楽しみなグランプリシリーズアメリカ大会2019女子を大特集!

ここでは、日本から坂本花織選手・樋口新葉選手・山下真瑚選手の3名が出場予定のグランプリシリーズアメリカ大会2019女子放送日程滑走順結果速報をご紹介しますので、どうぞご期待ください!

 


スポンサーリンク


 

試合日程や放送日|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 女子ショート&フリー

【フィギュアグランプリシリーズアメリカ大会2019 女子SP&FSの試合日程と放送日】

地上波での放送予定は以下の通りです。

放送日時:<SP>2019年10月20日(日)午前4時~※関東地方のみ
<FS>2019年10月20日(日)午後1時55分~
放送局 :テレビ朝日系列

友野一希選手・島田高志郎選手が出場するアメリカ大会男子と同じ時間帯に試合の模様をオンエアします。

男子の方は録画中継になりますけど、女子FSの模様は生中継される可能性がありますので、今後発信される情報を逐一チェックしておきましょう。

 


スポンサーリンク


 

滑走順|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 女子ショート&フリー

【フィギュアGPアメリカ大会2019女子SP&FSの出場予定選手(アサイン)】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

坂本花織(日本)
坂本花織

樋口新葉(日本)
樋口新葉

山下真瑚(日本)
山下真瑚

カレン・チェン(アメリカ)
カレン・チェン

ブレイディ・テネル(アメリカ)
ブレイディ・テネル

アンバー・グレン(アメリカ)
アンバー・グレン

アンナ・シェルバコワ(ロシア)
アンナ・シェルバコワ

エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
エリザベータ・トゥクタミシェワ

スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)
スタニスラワ・コンスタンチノワ

エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ

ヴェロニク・マレ(カナダ)
ヴェロニク・マレ

イム・ウンス(韓国)
イム・ウンス

以上、12の出場となります。
※ケガなどの理由で出場を見合わせるケースがあります

 


スポンサーリンク


 

速報結果|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 女子ショート&フリー

【フィギュアGPアメリカ大会2019女子SP&FSの速報結果】
フィギュアスケートアメリカ大会女子ショートSP&FSの速報は、結果が出次第、記載予定です。

 

予想|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 女子ショート&フリー

【フィギュアGPアメリカ大会2019女子SP&FSの感想】
最後に、フィギュアグランプリシリーズ2019-2020女子開幕戦にあたるアメリカ大会の優勝予想と日本人選手の展望をお届けします。
(選手成績は2019年9月19日時点のものになります)

昨年の全日本フィギュアで紀平梨花選手を破った坂本花織選手だけでなく、樋口新葉選手と山下真瑚選手もグランプリシリーズの表彰台経験者ですから、日本人選手が上位独占する可能性もあるのでは?とお考えの方も多いはず。

ただ、記事冒頭でご紹介した通り、公式戦で4回転ジャンプを決めているアンナ・シェルバコワ選手(ロシア)とエリザヴェート・トゥルシンバエワ選手(カザフスタン)という強力な外国勢が日本勢の前に立ちはだかっています

特に、現在15歳のアンナ・シェルバコワ選手は、今シーズン初戦のロンバルディア杯で、昨年のグランプリファイナル銅メダリストのエリザベート・トゥクタミシェワ選手(ロシア)を破り、鮮烈なシニアデビューを果たしました。

身長154cmというとても小柄なスケーターなのですが、4回転ジャンプの中で最高の基礎点を誇る4回転ルッツをロンバルディア杯で華麗に決めるなど、ジュニア上がりとは思えないくらい、堂々たる試合運びを見せています。

昨シーズンの世界フィギュアと四大陸選手権でともに銀メダルを獲得したエリザヴェート・トゥルシンバエワ選手も侮れませんし、日本勢にとっては2人の4回転ジャンパーの存在がとても厄介なものになりそうです。

しかし、アメリカ大会で2年連続2位の好結果を残している坂本花織選手は、ライバルの2人よりも大舞台の経験が豊富ですし、表現力の高さでは一歩リードしている状況ですから、全く通用しないわけではない、と予想しています。

ミスの少ない演技をするのが絶対条件になりますけど、パーソナルベスト(223.65点)に近いハイスコアを叩き出せば、大技を持つアンナ・シェルバコワ選手に土をつける可能性も十分あるのではないでしょうか。

また、今年のアメリカ大会は例年以上のハイレベルなので、樋口新葉選手・山下真瑚選手の2名が3位以内を確保するのは難しい情勢です。

でも、昨シーズンの樋口新葉選手は、右足甲のケガの影響で本来の実力を発揮できなかったですし、山下真瑚選手も伸びしろたっぷりな若手ですから、強敵相手の一戦で今後の飛躍につながる演技を見せてもらいたいです。

坂本花織選手・樋口新葉選手・山下真瑚選手が出場するグランプリシリーズアメリカ大会2019女子の模様は、地上波のテレビ朝日系列で10月20日にオンエア!

4回転ジャンパーのアンナ・シェルバコワ選手&エリザヴェート・トゥルシンバエワ選手に対し、日本のエース格・坂本花織選手がどんな演技を見せるのか、というところが最大のポイントになりますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大坂なおみ
  2. フィギュアスケートカナダ大会2018女子
  3. ドラフト会議アイキャッチ
  4. ドラフト会議2019
  5. 荒木香織のWiki風プロフィールと経歴!結婚や夫と子供はいるのか
  6. 石川翔(青藍泰斗)はハーフ?父母の国籍や兄弟。ドラフト結果と二刀流の可能性
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。