いだてん(NHK大河ドラマ)モデルは誰?追加キャストと相関図

この記事は5分で読めます

いだてん(NHK大河ドラマ)モデルは誰?追加キャストと相関図

いだてん(NHK大河ドラマ)は2019年1月から放送がスタート!
脚本は『あまちゃん』や『ゆとりですがなにか』などの大ヒット作を生み出した宮藤官九郎さんが担当します。

1964年に開催された1度目の東京五輪をどのようにして実現させたのか、というところにスポットライトをあてる作品で、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんがリレー形式で主演を務める事が発表されました。

ここでは、NHK大河ドラマ『いだてん』の原作モデルが誰なのか?というところはもちろん、追加キャストや相関図などの情報を一気にご紹介します。

 


スポンサーリンク


 

いだてん(NHK大河ドラマ)の原作モデルは誰?

NHK大河ドラマ『いだてん』でダブル主演を務める中村勘九郎さんと阿部サダヲさんが演じるキャラクターの原作モデルは誰なのでしょう?

中村勘九郎さんが演じる金栗四三と阿部サダヲさんが演じる田畑政治は、ともに日本スポーツ界にとってのレジェンドで、2人が日本にスポーツ文化を根付かせたと言っても過言ではないでしょう。

金栗四三は「マラソンの父」と呼ばれながらもアスリートとして大きな挫折を味わい、懸命の努力で日本を世界屈指のスポーツ大国へと押し上げた人物です。

一方、田畑政治はアスリートではなく政治面から日本のスポーツ界に大きく貢献した人物で、1964年の東京五輪開催を実現させた最大の功労者として知られています。

それでは、金栗四三と田畑政治のキャラ像を詳しく見ていきましょう。

 

中村勘九郎 演じる 金栗四三(かなくり しそう)とは

中村勘九郎さんが演じる金栗四三(かなくり しそう)は1891年(明治24年)生まれで熊本県の出身。

田舎育ちで野山を駆け回る日々を送っていたせいもあって、長距離走が大の得意

現在の筑波大学にあたる東京高等師範学校に入学した後、1912年・ストックホルム五輪の代表選考会に出場して、当時のマラソン世界記録を打ち立てます。

短距離専門の三島弥彦と一緒にストックホルム五輪の日本代表選手に選出。
日本人が五輪に出場したのはストックホルム五輪が最初でしたから、金栗四三は五輪の大舞台で日の丸を背負った第一号という事になります。

マラソンの世界記録保持者として出場したストックホルム五輪でしたが、現地の暑さに苦しみ、競技途中で日射病にかかり、意識を失います。

ストックホルム五輪での結果は途中棄権という形になってしまったのですが、レースの翌日には元気に走る事ができたそうです。(競技中に倒れ、次の日に死亡した選手もいました)

五輪で味わった悔しさは五輪でしか晴らせない!と考えた金栗四三は、4年後のベルリン五輪への出場を目指すのですが、第一次世界大戦の影響により、ベルリン五輪の開催が中止になってしまい、五輪でリベンジする機会すら与えられませんでした。

後に開催されたアントワープ五輪(1920年)とパリ五輪(1924年)にも日本代表選手として出場。パリ五輪では途中リタイアしてしまいましたが、アントワープ五輪では16位という結果を残しました。

1917年には駅伝の元祖である東海道駅伝徒歩競走に関東チームの最終走者を務めた金栗四三は、五輪の経験から「世界で通用する長距離走者を育成しなければ…」と考えていました。

そんな金栗四三が考案したのが箱根駅伝
今では箱根駅伝は正月の風物詩のような存在になっていますけど、その箱根駅伝の生みの親といえるのが金栗四三なのです。

箱根駅伝のMVPには「金栗四三杯」という賞が贈られるのですが、この賞は金栗四三の功績を称えたものです。

 

阿部サダヲ 演じる 田畑政治(たばた まさじ)とは

阿部サダヲさん演じる田畑政治(たばた まさじ)は1898年(明治31年)生まれで静岡県の出身。

現在の東京大学にあたる東京帝国大学を卒業してから朝日新聞へと進み、政治経済部長や常務を歴任するなど、政治担当の新聞記者として活躍しました。

政治記者として取材先を駆け回る一方、競泳のコーチを務めていて、1932年のロサンゼルス五輪などで競泳日本代表の監督を歴任したほか、1952年のヘルシンキ五輪、1956年のメルボルン五輪では日本選手団・団長も任されました。

1939年に日本水泳連盟の理事長に就任し、9年後の1948年には日本水泳連盟会長の座に就いた田畑政治でしたが、日本の首都・東京での五輪開催を大きな目標として掲げていました。

第二次世界大戦からの復興を目指す東京で五輪を行うべく、招致活動の先頭に立って精力的に活動していった結果、1964年秋に東京で夏季五輪を開催する運びになりました。

東京五輪開催決定にともなって設立された大会組織委員会の事務総長に田畑政治が起用され、女子バレーボールを正式種目に追加させる事に成功しました。

1964年の東京五輪開催以後も日本スポーツ界に大きな影響力を持っていた田畑政治。1973年から1977年にかけてはJOC(日本オリンピック委員会)の会長を務めました。

 


スポンサーリンク


 

いだてん(NHK大河ドラマ)キャスト・登場人物

NHK大河ドラマ『いだてん』のキャスト・登場人物をご紹介します。

金栗四三 役:中村勘九郎
熊本県の自然豊かな田舎で生まれ育ったマラソン選手
1912年・ストックホルム五輪に出場するも、レース中に日射病にかかって意識を失い、途中棄権する。

ストックホルム五輪のリベンジを果たそうとした4年後のベルリン五輪が第一次世界大戦の影響で中止になった事がきっかけになり、指導者の道を歩む事になる。

箱根駅伝の生みの親であるのと同時に、軽視されていた女性への教育の大切さにいち早く気付くなど、先見性のある人物。

売れっ子歌舞伎役者の中村勘九郎さんが2004年に放送された『新選組!』以来、15年ぶりに大河ドラマに帰ってきます。

2017年の二月大歌舞伎で息子2人(中村勘太郎さん・中村長三郎さん)が初舞台を踏んだ事でも話題を集めた中村勘九郎さんは2017年公開予定の映画『銀魂』でも近藤勲役として出演する事が決まっています。

 

田畑政治 役:阿部サダヲ
静岡県出身の政治記者
水泳のコーチを務めているのだが、自身は泳ぐ事ができない。

五輪の舞台で掲げられた日の丸に歓喜する日系人の姿を見た事がきっかけになり、東京で五輪を開催する事に強いこだわりを持つようになる。

第二次世界大戦により五輪招致が難しくなってもあきらめる事はなく、精力的に世界中を駆け回った結果、1964年に東京で五輪を開催する事になった。

脚本担当の宮藤官九郎さんと同じ劇団大人計画に在籍している盟友・阿部サダヲさんが『いだてん』後期の主人公となる田畑政治役を演じます。

現在放送中の『おんな城主 直虎』では徳川家康役を熱演しているほか、『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『舞妓Haaaan!!!』など、宮藤官九郎さんの代表作で存在感抜群の演技を披露しています。

阿部サダヲさん関連記事
おんな城主直虎(大河ドラマ)主演に柴咲コウ!豪華キャストと相関図
下剋上受験(ドラマ)のあらすじキャスト!阿部サダヲ主演でマルモ再来なるか!?

 

嘉納治五郎 役:キャスト未定
東京高等師範学校の校長
日本で初の五輪選考会を実施し、金栗四三をマラソン代表としてストックホルム五輪へと派遣する。

日本の軍国主義化が進み、世界からの信用を失いそうになっている時でも田畑政治らと共に東京での五輪開催を実現させるべく尽力した。

嘉納治五郎は柔道の父と呼ばれているように、日本に柔道の精神を広めた人物として知られていますが、東京の五輪招致にも大きな影響を与えました。

 

三島弥彦 役:キャスト未定
金栗四三と共にストックホルム五輪に出場した日本の五輪選手第一号
得意種目は陸上短距離。

名家出身のサラブレッドなのだが、ストックホルム五輪で外国人選手の体格の凄さに驚いてしまい、以後外国人に対して恐怖心を持つようになる。

ストックホルム五輪後に現役を引退し、銀行員へと転身する。

田舎育ちの金栗四三に対し、三島弥彦は父が警視総監というスーパーエリートなのですが、エリートらしからぬ能天気な性格だったそうです。

 

春野スヤ 役:キャスト未定
金栗四三の妻
ストックホルム五輪後に結婚し、日本スポーツ界のために尽力する夫を健気に支えている。

実在した春野スヤがどんな性格の持ち主だったのか、というところについては分からなかったのですが、夫を陰で支える古き良き妻、というキャラクターになるのでは?と予想しています。

 

古今亭志ん生(語り)役:キャスト未定
昭和を代表する落語家
『いだてん』のストーリーを「オリムピック噺」という落語に仕立て、泣き笑いありのストーリーに彩りをつける。

戦後の日本を芸能の分野で支え続けた落語界の大御所・古今亭志ん生が『いだてん』の語りとして参加します。

作中には古今亭志ん生自身の生涯も描かれますので、落語ファンの皆さんにとっても見逃せない作品になるのではないでしょうか。

 

いだてん(NHK大河ドラマ)相関図

NHK大河ドラマ『いだてん』のキャスト相関図は公開され次第、追記いたします。

 

NHK大河ドラマ『いだてん』に登場する主人公2人の原作モデルの解説やキャストの詳しい情報をご覧いただきました。

中村勘九郎さん演じる金栗四三と阿部サダヲさん演じる田畑政治が聖火リレーのような形で主役の座をバトンタッチしていく、という今までにない発想でストーリーが進む『いだてん』。

どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

いだてん(NHK大河ドラマ)関連記事

いだてん(大河ドラマ)原作あらすじとネタバレ感想!視聴率予想や再放送日程も

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 黒い十人の女(ドラマ)あらすじとネタバレ!脚本バカリズムで視聴率UP?主題歌は誰?
  2. 就活家族(ドラマ)あらすじキャスト!地味な家族だがこれがリアル?
  3. 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第9話あらすじ(ネタバレ)と感想
  4. カルテット(ドラマ)あらすじキャスト!松たか子と満島ひかりが夢の共演!
  5. ひよっこ(朝ドラ)あらすじ感想とネタバレ!視聴率予想とロケ地茨城の魅力
  6. そして誰もいなくなった9話(最終回)ネタバレ感想と伏線考察!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。