フィギュアスケートNHK杯2017男子の速報結果と滑走順!羽生結弦登場!

この記事は3分で読めます

フィギュアスケートNHK杯2017男子
グランプリシリーズ第4戦・フィギュアスケートNHK杯2017男子に日本代表の絶対的エース・羽生結弦選手がエントリー!

羽生結弦選手といえば、先日行われたフィギュアスケートロシア大会2017男子で2位に敗れたものの、最高難度の大技・4回転ルッツを見事に決め、昨シーズンよりも進化した姿を見せ、大きな話題を集めましたよね。

今度は過去に3度優勝している、という相性抜群のNHK杯に登場!
4連覇中のグランプリファイナル出場へ向け、絶対に負けられない戦いを迎える羽生結弦選手にどうぞご注目ください。

ここでは、羽生結弦選手のほか、村上大介選手佐藤洸彬選手がエントリーしているフィギュアスケートNHK杯2017男子の出場選手はもちろん、決定した滑走順や速報結果など、気になる情報を一気にご紹介します!

 


スポンサーリンク


 

試合日程や放送日|フィギュアグランプリシリーズ NHK杯 男子ショート

【フィギュアグランプリシリーズNHK杯2017 男子SPの試合日程と放送日】
放送日時:<SP>2017年11月10日(金)午後7時30分~午後8時45分
     <FS>2017年11月11日(土)午後7時30分~午後9時45分
放送局 :NHK総合

 

滑走順|フィギュアグランプリシリーズ NHK杯 男子ショート

【フィギュアGP NHK杯2017男子SPの出場予定選手】

1番目 佐藤洸彬(日本)
佐藤洸彬(日本)

 

2番目 村上大介(日本)
村上大介(日本)

 

3番目 ミハル・ブレジナ(チェコ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)

 

4番目 ナム・ニューエン(カナダ)
ナム・ニューエン(カナダ)

 

5番目 セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
セルゲイ・ボロノフ(ロシア)

 

6番目 デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)

 

7番目 ドミトリー・アリエフ(ロシア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)

 

8番目 ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

 

9番目 アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)

 

10番目 アダム・リッポン(アメリカ)
アダム・リッポン(アメリカ)

 

11番目 パトリック・チャン(カナダ)
パトリック・チャン(カナダ)

 

12番目 羽生結弦(日本)
羽生結弦(日本)

以上、12名の出場となります。

 

速報結果|フィギュアグランプリシリーズ NHK杯 男子ショート

【フィギュアGPNHK杯2017男子SPの速報結果】
フィギュアスケートNHK杯男子ショートSPの速報は、結果が出次第、記載予定です。

 


スポンサーリンク


 

感想|フィギュアグランプリシリーズ NHK杯 男子ショート

【フィギュアGP NHK杯2017男子SPの感想】

2014年ソチ五輪のメダリスト・羽生結弦選手と、メダリストのパトリック・チャン選手が顔を合わせる大会になりますけど、羽生結弦選手が他選手との実力の差を見せつける形で優勝するのでは?と予想しています。

グランプリシリーズ初戦となったロシア大会では2位に敗れた羽生結弦選手ですが、1位になったのが2017年四大陸選手権で優勝したネイサン・チェン選手でしたからね。

ロシア大会に関しては相手が悪かった、という見方ができますし、羽生結弦選手は試合を重ねる事で調子を上げていくタイプですから、ロシア大会よりも状態が上向いたNHK杯で巻き返すのではないでしょうか。

羽生結弦選手以下の選手は実力が拮抗している状況ですので、2位・3位争いはかなり激しい戦いになると思います。

その中でも、ロシア大会で羽生結弦選手に次ぐ3位を確保したミハイル・コリャダ選手が2位争いの最有力

羽生結弦選手と同等の実績を持つパトリック・チャン選手も2位争いの一角に加わってくると思いますが、グランプリシリーズ初戦・カナダ大会でのパフォーマンスが物足りなかったので、3位に転落する可能性もありそうです。

3年前のNHK杯優勝・村上大介選手佐藤洸彬選手の日本勢2人は、表彰台に上がるのが難しいかもしれません。

でも、ハイレベルなNHK杯で1つでも上の着順を確保しておけば、平昌五輪の日本代表争いに加わる事ができますので、健闘を期待したいですね。

 

グランプリシリーズ第4戦・フィギュアスケートNHK杯2017男子は、2017年11月10日・11日にNHK総合で放送される事が決定!

NHK杯3連覇が懸かっている羽生結弦選手が優勝の最有力候補!
パトリック・チャン選手など強敵がそろっていますが、地元・日本のグランプリシリーズで絶対王者の貫禄を示してくれるのではないでしょうか。

どうぞお楽しみに!

 

関連記事|フィギュアスケートグランプリシリーズ2017-2018

2017年-2018年シーズンのフィギュアスケートグランプリシリーズの大会記事をまとめました。

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. リオオリンピックマラソン競技のコースや日本代表は?日程と結果速報
  2. 下関海響マラソン2016のエントリーはいつから?抽選結果と倍率は?
  3. ハーフパイプ
  4. 澤村拓一画像
  5. ハーフパイプ
  6. 石川祐希と柳田将洋の春の高校バレー時代(星城・東洋)の画像まとめ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧