フィギュアスケートフィンランド大会2018男子!速報結果と滑走順や代表選手!

この記事は4分で読めます

フィギュアスケートフィンランド大会2018

2018年11月3日からスタートするフィギュアスケートグランプリシリーズ2018第3戦・フィンランド大会男子に日本代表の絶対的エース・羽生結弦選手がエントリー!

2018年2月の平昌五輪で金メダルを獲得し、フィギュアスケート選手として史上初となる国民栄誉賞受賞の快挙を成し遂げた羽生結弦選手がグランプリシリーズ初戦のフィンランド大会でどんな演技を見せてくれるのでしょうか。

ここでは、日本から羽生結弦選手・田中刑事選手がエントリーしているフィギュアスケートフィンランド大会2018男子の出場選手(アサイン)や速報結果順位予想滑走順など、気になる情報をとことん掘り下げていきます!

 


スポンサーリンク


 

試合日程や放送日|フィギュアグランプリシリーズ フィンランド大会 男子ショート

【フィギュアグランプリシリーズフィンランド大会2018 男子SPの試合日程と放送日】

地上波での放送予定は以下の通りです。

放送日時:<SP>2018年11月3日(土)午後6時56分~
<FS>2018年11月4日(日)午後9時~
放送局 :テレビ朝日系列※録画放送

詳しい放送情報はまだ明らかになっていませんが、BS朝日やAmebaTVなど、地上波以外のメディアでも放送される可能性がありますので、詳細が分かり次第、情報を追記していきます。

 


スポンサーリンク


 

滑走順|フィギュアグランプリシリーズ フィンランド大会 男子ショート

【フィギュアGPフィンランド大会2018男子SPの出場予定選手(アサイン)】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

羽生結弦(日本)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
田中刑事(日本)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズキン(ロシア)
アンドレイ・ラズキン(ロシア)
アレクセイ・エロホフ(ロシア)
アレクセイ・エロホフ(ロシア)
ボーヤン・ジン(中国)
ボーヤン・ジン(中国)
チャ・ジュンファン(韓国)
チャ・ジュンファン(韓国)
ミハル・ブジェジナ(チェコ)
ミハル・ブジェジナ(チェコ)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)
オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)
ヴァルター・ヴィルタネン(フィンランド)
ヴァルター・ヴィルタネン(フィンランド)
フィリップ・ハリス(イギリス)
フィリップ・ハリス(イギリス)
以上、12の出場となります。
※ケガなどの理由で出場を見合わせるケースがあります

 

速報結果|フィギュアグランプリシリーズ フィンランド大会 男子ショート

【フィギュアGPフィンランド大会2018男子SPの速報結果】
フィギュアスケートフィンランド大会男子ショートSPとフリースケーティングFSの速報結果です。

順位 名前(国) SP FS 合計
1 羽生 結弦(JPN) 106.69 (1) 190.43 (1) 297.12
2 ミハル・ブレジナ(CZE) 93.31 (2) 164.67 (2) 257.98
3 チャ・ジュナン(KOR) 82.82 (4) 160.37 (3) 243.19
4 ミハイル・コリヤダ(RUS) 81.76 (6) 157.03 (4) 238.79
5 金 博洋(キン ハクヨウ)(CHN) 85.97 (3) 141.31 (5) 227.28
6 アンドレイ・ラズキン(RUS) 82.54 (5) 135.68 (7) 218.22
7 アレクセイ・クラスノジョン(USA) 74.05 (8) 136.98 (6) 211.03
8 田中 刑事(JPN) 80.60 (7) 126.22 (9) 206.82
9 アレクセイ・ビチェンコ(ISR) 73.44 (9) 128.89 (8) 202.33
10 フィリップ・ハリス(GBR) 58.99 (10) 123.67 (10) 182.66
11 Valtter VIRTANEN(FIN) 48.16 (11) 106.58 (11) 154.74

 

予想|フィギュアグランプリシリーズ フィンランド大会 男子ショート

【フィギュアGPフィンランド大会2018男子SPの感想】

最後に、フィギュアスケートグランプリシリーズ2018男子の第3戦にあたるフィンランド大会の優勝予想と日本人選手の展望をお届けします。

五輪2連覇の実績が光る羽生結弦選手(日本)グランプリファイナル2017で銅メダルを獲得したミハイル・コリヤダ選手(ロシア)アメリカ大会で2位を確保したミハル・ブジェジナ選手(チェコ)3名が優勝争いを展開!

特に、オータムクラシック優勝(263.65点)の羽生結弦選手オンドレイネペラ杯優勝(274.37点)のミハイル・コリヤダ選手の実力が一枚抜けていますので、この2人がワンツーフィニッシュを決める可能性が高いと思います。

前哨戦の点数だけを比較すると、ミハイル・コリヤダ選手の方に分がありますけど、平昌五輪では羽生結弦選手がミハイル・コリヤダ選手相手に完勝していますので、羽生結弦選手が順当に勝ち上がるのでは?と予想しています。

 

ただ、ミハイル・コリヤダ選手オンドレイネペラ杯に続いてフィンランディア杯(250.58点)でも優勝するなど、良い状態で大会に乗り込んできますから、ミハイル・コリヤダ選手の方が優勝しても何ら不思議ありません

 

他では、オータムクラシックで羽生結弦選手に次ぐ2位(259.78点)を確保したチャ・ジュンファン選手(韓国)と、宇野昌磨選手が優勝したロンバルディア杯で3位(243.45点)のアンドレイ・ラズキン選手(ロシア)も好調!

優勝候補に取り上げた3名のうち誰かが大きな失敗をしてしまった場合は、シリーズ初戦から良い演技を見せていたチャ・ジュンファン選手とアンドレイ・ラズキン選手が表彰台に上がる可能性も十分にありそうです。

 

一方、平昌五輪代表の田中刑事選手(日本)は、シリーズ初戦のオンドレイネペラ杯で3位(221.92点)という上々の結果を残しました。

でも、羽生結弦選手やミハイル・コリヤダ選手など、強敵ぞろいの今回は相手が悪すぎますので、上位争いに加わるのは難しいと思いますけど、1つでも上の順位を奪取して、次の試合につなげる演技を見せてほしいです。

 

羽生結弦選手と田中刑事選手が出場するフィギュアスケートグランプリシリーズ2018の第3戦・フィンランド大会男子2018年11月3日・4日に地上波のテレビ朝日系列で録画放送される事が決定!

五輪2連覇の羽生結弦選手が優勝候補の筆頭ではありますが、前哨戦を2連勝したミハイル・コリヤダ選手など、海外勢からも強力なメンバーがそろっていますので、シリーズ初戦から手に汗握る攻防を繰り広げてくれる事でしょう。

2年ぶりのグランプリファイナル出場へ向け、絶対に負けられない戦いを迎える羽生結弦選手の活躍にどうぞご期待ください!
 

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高山優希(大阪桐蔭)はハーフ?母と父の国籍は?wikiプロフィール
  2. 高松望ムセンビや父母の国籍は?出身中学や高校は?妹も凄い
  3. 琴奨菊の結婚相手(嫁)は誰?白鵬との対戦や星取表!取り組み動画は永久保存もの!
  4. ベネットマヤ(新体操ハーフ)がかわいい!父母の国籍とモデル並みの身長
  5. スピードスケート
  6. リオオリンピック水泳メドレーの日程と結果速報!金メダルは萩野か瀬戸か
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。